スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
茶香炉、ダチュラ、骸骨。。。涼を呼ぶ、三種。

茶香炉 で茶の香りを聞いて、うーむ、日本人だわ、と思っていた。



こんな茶香炉をメグも作れるようにならねば。
しっかし、茶香炉が伝統的なものではなく、ここ10余年前に陶磁器屋さんがアロマ目的で
商品化したのを知って、ちょいとガックシした。。。けど、いいアイデアです。


そして、本日アトリエの庭の朝鮮朝顔に実がついていたのを発見!



他を寄せ付けぬ、威嚇的な姿をしておるっ。

朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ)=ダチュラ=曼荼羅花=キチガイナスビ

幻覚性アルカロイドを含む有毒植物です。

ご存知、世界初の全身麻酔手術に成功した江戸時代の医学者である華岡青洲は、朝鮮朝顔の種を精製した
麻酔薬を使用したのであるが、
アルカロイドの一種、アトロピンも含まれており、これは有機リン剤中毒等の治療にも用いられ、
地下鉄サリン事件での治療にも用いられた。 米軍では神経ガスに暴露してしまった時に
アトロピンを打つ事が規定されておるのだと。

トリカブトは摂取して数秒で効果(最悪)が出ることが多いらしが
朝鮮朝顔は、効果が出るまで(高揚感)1時間はかかったりするので
まだ効かないじぇ!と過剰摂取しちゃう人もいるので、注意!(どういう注意だ!)

んま、毒と薬は紙一重であります。


西日が差すアトリエの畳に、チャポ骸骨骨壺が、似合っていたので、パシャリ。




涼を呼ぶ、ネタです。









しゃがみこむ、だまりこむ、とけてみる
知能のない石ころが
光、を浴びている

ふんづける、けりつける、どこかにいく
光のむこうがわへ
ころころと、悦んでいく

ひといっぱいなのに
だれも見向きもしない街かどから
だれもいないのに
すべてとよりそっている田んぼへ

懸命な、はずかしい行為を
星たちをまねて
ここ、一面に
保留






カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 01:14 | comments(0) | - | -
いざ、ゆかん!風雲たけし城ならぬ、竹田城。   カレル・ゼマン「千夜一夜」も。


よっしゃ! 朝までに仕上げないといけなかったお仕事終了!


さてて。写真を見て、「ここは、行かねば!近いのに!」と思った場所がある。

兵庫県朝来市和田山町竹田にあった山城・竹田城。

虎が臥せているような縄張りに見えることから、別名虎臥城(とらふすじょう、こがじょう)。
また城下から遥か高く見上げる山の頂に位置し、しばしば円山川の川霧により霞むことから、
天空の城の異名をもつ。
雲海に浮かび上がる古城の累々たる石垣群の威容は、名物ともなっている。
国の史跡に指定されている。



撮影ポイントを押さえて、上手く撮れている写真だなぁぁぁ。
と、思うわけですが、昔の人って、どういう風にこのお城を眺めていたのか。

上からの絶景ではなくて、下からどう眺めていたのか!
と、興味がわくのです。





とにもかくにも、ここには、一度行ってきま。




カレル・ゼマンのアニメーション『千夜一夜物語』をくっつきぼうし!








その国の口と、あの国の耳をもつと
どんな人になれるんだろうか
黄昏の溶暗がここらを占める

多くを語る人の心ねは浅く
短い人生について、遺言調の残渣をちらばせ
知るとも語るひとは自然に似て
つっついても、時期がくることだけの流れで
我々の剥がしてしまおうとする所作が
わたくしの、欠落として、目の前の筆先の色となる

暴れる、声

罪というなら、もっぱら、自分が罪に近く
だったら、あの幸福で不幸で世界を知らぬ
あの給料取りのヤツが

それが、この日常で
見える限りの、みなさまが、幸福で。






カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 04:28 | comments(0) | - | -
夕方から大雨の阿蘇。

 
朝5時に起きて、阿蘇へゴー。with父母。
6時に北九州出発し、9時半に阿蘇の事務所に到着!
メグは、夕方まで、バイオマスのお仕事なり。

昼すぎまで、晴れたり曇ったりの阿蘇だった。



けれども!夕方から、どしゃぶりの大雨!
車に乗っていて、前が見えないほどのどしゃぶり!

先日も土砂崩れがあったり亡くなった人も多数でた阿蘇ですので
さらに被害がふくらまないか、心配です。



さきほど、福岡オフィスに戻ってきたのだけど
今度は、こちらが、雨。

チャリンコで帰宅するタイミングを見計らうのでござる。
きっと、びしょぬれで帰宅になりそうだ。








きれぎれが、一辺倒に語りかけてきて
ぼくは、ただ、うんうんうんと頷いていて
ふくらんだり、さざめいたりして
なにかを待っているひとたちは
心地よい風につつまれて、うわごとをいいたい木の葉のよう

たいへんな世間よ、ぼくをたのしんでおくれ
たのしい世間よ、ぼくをたいへんにしておくれ

みんな中途半端に自分を知りすぎているから
完璧に自分を消せなくなっていて
意義のない、風をもとめて
お金がない、花をもとめて
水脈をさがして、こっちにくる

みずびたしの、巡礼の域に
自決できるほどの、ひとすじの
縛、を求めるように

本気で、呪われたい民のように





カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 22:27 | comments(0) | - | -
偏西風が蛇行して、阿蘇は大雨、韓国干ばつ。

 
終日、雨、雨、雨。 雷もゴロゴロな本日は、チャリでオフィスに行くタイミングを
見計らってゴーしたものの、ずぶぬれになりました。

阿蘇の仲間からお仕事MTGのメールがきていて
イントロが、 「昨日から、阿蘇は大雨で大変なことに
なっています。幸い、事務所・スタッフは無事です・・・・・」
だったので、いつもながら、大雨か!と思っていたら。

夜、実家入りしたところでやっとニュースを目にした。
うわ、すごいことになっとるやん!と。




 記録的豪雨で土砂崩れなどが相次いだ熊本県阿蘇市で13日、
県警は新たに3人の遺体を確認し、熊本、大分両県の死者は20人、
行方不明は7人となった
。気象庁は、九州北部が梅雨前線の影響で
14日昼前にかけて大雨となる恐れがあり、引き続き土砂災害に厳重に警戒するよう
呼び掛けた・・・・






竜巻、季節はずれの台風、落雷、ゲリラ豪雨。
昔から、気候が急に激しく暴れ出すことはあっただろう。

竜巻を見て、天に昇る龍が生まれたんだろうし。

昨今の、気候の暴れ具合の原因は、気温が上昇傾向にあることや、
偏西風の蛇行も原因のひとつらしい。
近年、北極と北半球中緯度の気圧がシーソーのように変動する
『北極振動』が大きくなっていることや、地球温暖化などの影響で
バルト海を冬に覆う氷面積の減少などにより

偏西風が大きく南北に蛇行する傾向があるんだと


大雨な九州であります途中ですが、
韓国は100年ぶりの干ばつで、ソウル周辺では例年の10%以下しか雨が降ってないって。
タマネギ、ネギ、ニンニクなどの農作物の被害が発生!


大雨は、大変だけど
干ばつは、さらに大変だ。








ひとりが、生きるために
みんなを、生かせ

ひとりが、笑うために
みんなで、笑え

ひとりが、ひとりと、つなぎあうために
ひとりが、手をのばし
もう、ひとりが、手をのばし
手と足が、からみあい
おなじように、心がからみあう

大空と、透明水と、根の土と、熟した実と、雲の流れ

いつつの、においに贈られながら
ひとりよ、生かせ
みんなを、生かすために

ひとりよ、愛せ
みんなが、愛せる世界のために






カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 22:46 | comments(0) | - | -
雷様のお出ましだ!

 
チビッコのころのほうが、雷をよく聴いていたし、台風も来ていたように思うのは
そういう天候イベントがチビッコのころには、ビビッドなものとして衝撃的だから
記憶に残っているから、そう思うんだろうか。。。。


ひっさびさ、雷様が強かった。とっても、大好物。

街中に住んでいるので、不謹慎であるが
ドッガーーーーン と、稲妻が天空から大地を刺すところをみたいな。


脳髄をえぐるほどの、自然の畏敬かつ畏怖なる色彩を見てみたい。




そんなこんな雷の前に、ipodで似顔絵を描いてもらったなり!











どんどん時代は、野生の血をとりもどし
そろそろ魚類の時代

美しく白いたましい硬骨の魚に
水にとけるたくましい人魚に

空に、垂直に
地に、平行に
どの角度からも、みずが贈られる
魚類の時代は

だれもが、だれもの流れを
にぎりあうことができる
深化の、時代





カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 01:01 | comments(0) | - | -
不思議洞窟生物ドラゴンの赤ちゃん・ホライモリ。

 
NHK地球ドラマチックでドラゴン伝説の番組があって楽しみにして見た。

単為生殖を行うコモドオオトカゲやキングコブラや、ドラゴン伝説と結びつけて
各国の生き物が紹介されていたが、中でも興味深かったのが
洞窟に住むサンショウウオに似たホライモリ

ドラゴンの赤ちゃん!として、スロベニアのポストイナ鍾乳洞に棲むホライモリが紹介されていた。



大きさは20センチ程度で、目は退化し、前足の指が3本、後ろ足の指が2本の両生類。

足が細くて、かわいらしい。


日本昔話のイントロの龍を彷彿させる容姿ですな。



このホライモリ、なんと、100歳まで生きる
加えて、10年間なにも食べなくても生きていけるという。。。

何故なのか?!その生態はまだ明らかにされていないんだけど

生物の神秘は、すんばらしい!





なにかしら、つかめない何かに
近づこうとして、とおい、とおい、彼方との約束を
カタチにするように、わたしはつくる
わたしの骸骨を

そこは野獣と天使が一色単な世界で
だれもが全てをつきやぶり、誰もが生きて在ることに目覚めるように
一輪の花のように、たっている

この芳しい世界の行方を祈るように

忍びがたいチカラは、バサバサ、ほろほろとあふれ
みなぎり溢れる
素朴な単純な所為へ
ぼくらの手指は、うごく

精気にむせて、うわごとをいうように
ぼくらは、とっておきの何かを
哀しいほど強烈に、掴む

もみ、もみくちゃに、一心に
ただ、つかむ
つくるために、つかむ




カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 16:44 | comments(0) | - | -
喧噪を逃れ、世界文化遺産の村・良洞(ヤンドン)と、お山・南山(ナムサン)へ

 
騒々しいし、人多いし、ゴミ多い釜山。
車にひかれそうになるし、人と人の関係でも人に譲るっていうもんがないように思ったり。。。。

そんな釜山の明け方の漁港。
船の排気ガスのにおいが、濃い。
けど、漁港は、いいね。生きる力がある。




喧噪を離れて、慶州へ。
慶州からさらに20キロほど離れたところにある良洞村は、のどかで良かった。
山の谷に沿って広がっている韓国伝統の家並み、李氏朝鮮時代の儒教思想や古くからの
慣習が今も受け継がれている村で、2010年に世界文化遺産になっている




ここで飲んだ、なつかしい味のニッケ水で乾いた喉をうるおしました。

良洞村の案内所にいた日本語が上手なガイドさんが、その歴史を詳しく
教えてくれて、勉強になる!

目の前に川もあり、平野が広がる良洞村には、上流層のヤンバンが代々住み着き
瓦のあるおうちがヤンバンの家、下使えの人たちが、藁葺き屋根の家に住んでいて
今でも、ほとんど住居中。
風水的に、非常に良い土地だとのこと。

儒教の教えから男尊女卑があり、女性が正門から入れなかったり
男の部屋があったり、興味深い作りになっています。


そして、さらに移動して、世界文化遺産のお山・南山(ナムサン)にゴー。

メグはいつもの格好のTシャツにオーバーオールにパタゴニアのリュックスタイル。
行き交う人は、思いっきり登山の格好だし、トレッキングポールまで持っている。。。。
しかし、大汗をかきながら、はーはー言って登ったけど、時間の都合で
頂上までは、行けなかった。。。。。

途中の磨崖仏



途中の庵から、パシャリ。





けど、この山登りが、いちばん良い記憶となったのでした。。。。


カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 20:01 | comments(0) | - | -
無意識に刺激を求めるものは、激刺、の根底を見知らぬから、たゆたゆと。

 
夏近く、扇風機をごそごそと出したんだけど、スイッチONしても、うんともすんとも。
がちがち、と、扇風機の表皮プラスティックをいじるが、仮死状態。
でも、電気製品のなかでも、扇風機はシンプルな構造なので、オッケイ・ベイベー。
大好物の工具をもってきて、めんどくさい夜中は、全部解体!
シンプルな構造の電気製品は、たいがい基盤のミクロの問題ではなくて、
ドライバーと、ハンダゴテで、直せる。

そして、いま、涼やかな、扇風機が、回っておりまっせ。ありがたや。


たいがいの問題は、問題ではなく
問題化したい人間の問題でもある。

便利な世の中になると、いちいち、問題化する。
自己啓発後、新興宗教後も、同じく。
問題を見つけては、己の問題とする。

そして、ネットが便利になると、ソーシャル化して共有できた気になるので
くだらんネタも問題化し、お金がないしやる気もないリーマン根性のメディアも
自分で、足と汗を動かさなくって、指先と、視力で、パソコンでネタをつくる。

それが、当たり前に、なっておる。

といっても、ギギギと、鬼のとんがりをつきたてる必要もない。
そこらへんに、反応せんでいいだけで。
いちいち反応するということは、そこらへんに、刺激がほしいライフスタイルなだけだ。

テレビを観るひとは、そこに、刺激を一端、みまえるだろうし
ネットをするひとは、そのチャネルで、刺激を探しているんだろう


己が激刺しておることへの、反吐を
根底に、据えずに。


刺激と、激刺ってのは、アンチテーゼをやりたいことをやっていた10年ぐらい前か。


己が刺激されたいことってのは、己が、そもそも、刺激ってものを求めて
激烈に、刺されたいって、意識があるからやろ。
な、ことを、やったりとかね。

つまりは、自分がなんで、そうしようと思っているのか、ってのを、
もっと、全体性に広げて、いちいち、おしゃべりする前に、脳裏で思考し、
何度も何度も、発酵し、それが故に、もたらされる、自己とは、なんだけな?

みたいな、難しいことではなくって、ゆるやかだ。




ダラーブランドの、一番好きな音がyoutubeにないので
思考をちこりっと、ずらして、やはり、すばらしい
ヌスラットで。ごめんね。いつもで。






メグはアナログ人間なので、誰か
ドモスティック  の、smiles again
アップしてけろ。







愛するものごとは、たまらなくやってきて
すくない、その稀少で、その当然が、あたりまえと
日々、起きては、空気を、大きく吸う

ありがとうさん。酸素さん。

ぼくは、欲しがりやので、指先を、求める
かもしれない、想定と予想は、ちゃんと、血になっているから
安心してくれよ

この血と、羽
大きく呼吸しているから、テレビも観てない
大きく目を閉じても、誰とつながりたいというんだ

繭は、いう
そのまえの、化身とは、思いちがいで
おまえは、あやうい、自己補正のために
他をそとにおいて、指先を全体として






空は、すずしい
おまえは、ネムの、反人生で
のがれ、にげ、はぐそで、
そうして、生きることを願っているから
いまも、このように

いやしいことなんて、ないことのほうに
いどみ、ゆるぎ、

生命の全体性の、ほうに


おまえは、そんなこともわからないほどに
偽造の、ゾウゲ








カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 00:03 | comments(0) | - | -
かわいすぎるセンザンコウは、キャラクター化決定した!

 
先日、センザンコウというアルマジロに似た動物の密輸ニュースがあった。
マレーシアで捕獲され、タイ、ラオス経由で中国に密輸されようとしていたところを逮捕。
中国では、漢方としても使われているし、昔から密輸されまくっているんだが、
なんで、いまさら。。。。

でもでも、このセンザンコウが、かわいらしくてしょうがないので
今度、立体造形してみる気、もりもり
 でございます。

ほ乳類にしては珍しく鱗状のもんでカラダを覆っている、センザンコウ。





この、つぶらな目といい、はりねずみのような顔といい、
キャラクターにするに、ふさわしい造形!!!!! 
と、ビビビっときたーーーー。




どうだ。このかわゆさったら、ありゃしないぞい。





アルマジロに似ている。が、アルマジロの鱗状の表皮は防御用なんだが
センザンコウは、攻撃もする!!!とのこと。
凶暴なんかいな?!と、思いきや、食性はアリクイと同じ。
アルマジロは、昆虫や蛇、カタツムリ、ミミズやらを食べるとのこと。

アルマジロは、ずんぐりむっくりしすぎておるし、
顔もトカゲちっくだから、あんま、かわいいカタチではないんだよね。




ちなみに、アリクイもかわいいけれど、造形するときに
鱗があるほうが、作業が楽しいので、センザンコウの優勢・

ほのぼとしておる、アリクイ。









そこらで、一個の石ころ以下で
風にあてられれば、ほほになり
においによえば、くちびるになる
軌道もなく生命のみずをたゆたう
かなりのろくでなし

木々の上空にあそぶ
よく歌う小鳥に例えることすら
この時代は、もとめていない

そして、時と刃とする
歪な我が身





カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 16:11 | comments(0) | - | -
あいたいハチドリと、ドジなスズメガ。

 
しまった。上野動物園で、ちゃんとハチドリ観察をしておけばよかった。
いつもロバの前を特等席にしているメグであります。

ハチドリ、かわいい。か弱いな。

毎秒約55回、最高で約80回の高速ではばたき、空中で静止するホバリング飛翔!




米国南部から南米にかけて生息する、ハチドリ。
どうも日本の動物園で、ハチドリがいるところは、少ないようだ。

ホバリングでとんでもない体力をつかうから、食料補給を常にしないといけない。
よって、年中、お花が咲いているところにかいないのだ。

世界で一番ちっこい鳥であるマメハチドリ。



全長4~6cm、オスがやや小さい。体重2gと鳥類の中で最小、最軽量。
また、卵も同様に鳥類一小さく、最軽量で、長さ6・5mm、重量約0・3g。。。。

ちびなるハチドリは、昆虫くんと同じぐらいの大きさ。
昆虫君は、蜜や葉をいただくときに、それに止まることができるが
鳥類のハチドリくんは、密度が大きいから、止まることができない。。。。

なんじゃ、この非合理的な身体構造。
足も退化しておる。

そんなハチドリくんに、そっくりで日本にいる昆虫が、スズメガ。
蛾だ。スズメガもホバリングするんだよね。
葉っぱをもりもり食べる害虫であり、その幼虫は栄養たっぷりなので
食する国もあると。将来的に、食料不足で、日本でも食べるようになるかもね。
でも、蜂みたく花粉を大量に運んでくれるので、蜂が激減している昨今、大切!大切!

スズメガは、さなぎで越冬するから、どこでもいるんだろうね。


種子植物の90%は動物による受粉

行っている自然界。
蜂や蝶々が少なくなるということは、
それだけ、子孫繁栄ができなくなっておるということである。


で。スズメガの、ドジでかわいらしい動画あったので、くっつきぼうし。










やわらかい、幻想

もうちょっとだけ、近づいていきたいから
ホモサピエンスから両生類へ、そして魚類へ
ぼくの、はぜるピチピチとザラツキを
もう、ちょっとだけ、遊ばせておいて

もうそろそろすると
ぼくは、もう、時代も身もほぐして
もう、ぼくは、骨になって

さらに、さらに、余分な意志と具象をそぎおとして
ぷかぷか、水辺に遊べば
はじめての体温の移動を知るだろう

肉の在処を伝授し
空の果てまで貫通して

そして、ぼくは、何だけ、になれば
生臭いものから自由になれるのか

いのちの幻想
いのりの幻想
すべての始まりからの、幻惑













カテゴリ:緑風禅瞑レイヴ | 22:22 | comments(0) | - | -
| 1/22PAGES | >>