伊調が男前すぎて、女にしとくのがもったいない。
 
レスリング女子63キロ級の伊調馨が日本の女子で初の五輪3連覇を達成!



むっちゃ、男前!

伊調、というお名前が珍しいので調べてみたら・・・・

全国に40人程度しか確認できてないらしく、由来は、、、
現福島県、宮城県、岩手県、青森県を含む四県の太平洋側である陸奥発祥ともいわれるが、
伝統的な名字である。近年、青森県の特に三戸郡新郷村戸来に集中してみられる。
「伊」は伊勢または伊豆を表す。

とのこと。


さてて。そんな本日のお昼間。in アトリエ。



朝鮮朝顔(キチガイナスビ・曼荼羅花)の実が、はじけた!



左奥は、はじける前の、実です。

ちょっと、気持ちわるいツブツブ感です。







まんまるくうつるものは、ほとけさんかもしれない
とんがったものは反乱かな
野菜でも、なんだか主張している
みどり、しろ、むらさき、だいだいいろ、まだ市場からこない色

熟してないぼくの眼前に、おれよ、およれと、
生命がたぎった食い物が重ねつくされる

熟し、無抵抗

善悪をきめたがるレジの横っちょで
刈られても、まだ、みずみずしい
情熱の主張も、ある









カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 22:17 | comments(0) | - | -
AKBとJKTとおにゃんこと内田裕也。


欧米のヒットチャートに歌が上手でもない人はあがってこないだろうけど、日本では別で
AKB48が、その一番わかりやすい例だが
日本で人気があるのは 特有のkawaii文化 のせいだろう。と、思っている。


んま、AKBに興味はないんだけど、先日、AKBモデルを海外輸出するドキュメンタリー番組が
あり、秋元康のビジネス感性と商才に、いや、商魂やな。に、うなった


その地域、国のファンにゆだね、アイドルを洗練させていく
育成モデルだわん。

2006年からAKBが活動していたことすら知らなかったし
アキバのドンキに行っても、AKB劇場とか、人はいっているんかな?とか思っていたのだが
メンバーの名前は、知らなくても、ほとんどの人がいまではAKBという名を知っている。


2006年は、こんなだったようだ。
まだ、まったくもって、アイドルになりたい同級生。
それが、テレビに映っても、しゃべっても、板についていくのだから
精進というものは、すてきですな。と、思っちゃう。


そのドキュメンタリーでインドネシア版の、JKT48の、初舞台までの軌跡が紹介されていた
(ファンも含めて)が、全く、日本と同じ反応であり、



kawaii文化あるところに、アイドルあり
育成モデルということからして、ふれあいと、癒しと、
共依存(お金を払ってCDやら買うと、握手できたり、総選挙で順位があがり
アイドルは涙と感謝の言葉という感動を与えてくれる)

キャバクラ文化と、重なるのであった。


しっかし、もう四半世紀ほど前の、おにゃんこクラブも秋元康だけど
いまでも、おにゃんこのメンバーで芸能界で生きている人が数人いるが

AKBは、あと20年したら、誰が芸能界で生きているのかしらね。



この動画をみて、内田裕也のほうが、気になるよね!

ロッケンロールじーさんも、若かったわけだ。

いいね!







アイドルには、ヘビメタを歌わせるといい
消費されたくないなら、ピンクロックを歌うといい
ノリでないなら、貫くのが、いい

たくさんの過ちと、誤りと、調子と
くりかえして、静かな場所にいけなくなると
みんな見失うのは、ほ乳類だからか

ぼくらが、みずみずしいお魚だったら
うろこをひらひらしながら、ぶつかりながら
言葉もなく、愛想もなく、美醜もなく
ただ、

意志もなく、でも、意識はとんでもないから
きみたちの知らぬ世界で

きみと同じ、アイドルとはアホという意味で
そよそよ、泳ぎ
いのりを、うたい





たゆたう。生命とは。そんなもので、美しい。
もっと、ほんまを愛したいもんである。


と、書いた時点で、愛は、脳裏から、離れるのが、言葉屋のめんどくさいところ。












カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 23:15 | comments(0) | - | -
レノボ号が壊れバタバタの巻。


買って2週間しか経ってないパソコン、レノボ号が壊れ、
プログラマーのポチャさんががおうちまで助けに来てくれたけれども。。。。。。ダメ。
ということで、ポチャさんに車にのっけてもらいビックカメラで新品と交換。。。。。

月曜日は、壊れたデル号を修理にもっていったりと、連日パソコンのことで、どたばた。

そんな本日は、夕方からバイオマスの仕事仲間の中坊くんがオフィスにやってきて
ごはんを食べつつ打合せ及び、福岡でバイオマスの仕事をしている女性を紹介してもらい
和気藹々でしたが、、、、ねむいぃ。

今日はゆったり音楽も聴いてないのだ。

そんなわけで、
デンマークの地下鉄の中でコペンハーゲン・フィルのメンバーが、
突然グリーグ作曲『朝』を演奏する動画




素敵な地下鉄風景だ!!!! うらやましぃぃぃぃ。








ぬたぬたと湿った空気に肺をふくらみちぢめ
息はあつく平和に
まなこはいつも常世で見入っている

このけったいな私をめぐる無数の断裂と連結
全体性としてのひとの意識のつくったもの
舐めるように軽く触れ

瞬間
感じたものに深く指をつっこみ
まさぐってみる
ぬめった空気に、瞬間、風がそよぐ

大好きな、夏世の台風の如く
最高も最低も境目のもなく
万事が瞬時で、時もなく

或ることの、自由の
おれは、囚人
地軸に足首をつかまれる





カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 21:50 | comments(0) | - | -
ここではないどこかの時代。 埴谷雄高・・・精神の徹底性


二度寝したい前で、読書三昧。


静かで、なめらかな思考は、心地いい。







膨張宇宙といっても寿命は数百億年。
無限に比べれば瞬間にすぎない。
さらにさらに瞬間にすぎない人間が
現宇宙の数百億年を超えた
無限大に向かわなければ、
精神の徹底性は、ないと思う。



ここではないどこか、を求める時代で、いちばん分かりやすく強烈なのは
ベトナム戦争、全共闘、安保。

当時、ここではない、どこか。の、ここって、学生ならではの
在るべき精神性で。当時、メグが生きていたら、ヒッピーだろうな、と思う。

「ここではない、どこか」を、求めるかつての若人は
海外放浪と、新左翼過激派と、アンチロマン、の、三者のどれかを選択していく。


いまでも、アンチロマン?と、思うが、今更、アンチロマンなんだろな。
現実、リアリストで、まだない未曾有の世界を創れることができる!ってことに
否定的な考え方か。。。
90年代を大学で過ごしたが、当時付き合っていた大学生は
海外放浪しまくりで、バリッと海外放浪派。

70年代の名残も知らない人で、ただ、日本狭い!ってだけで
たぶん、いまも、日本には、いない。
大学生のときから、朝の5時からラジオで語学を鍛えておった。努力大好き人間だった。


そんな恵まれた環境も経年劣化しており

時の推移を計算するためではんく、無限反復のうちに
いま、ここ、わたし、
の確かさを解体しているのは、夢野久作も、似ている。



まなざしが、世間から逸脱し無効化した後に
自身の気配を入口とし、それにふさわしい世界の感官をつかむ。

そんでもって、


存在の変容を、変態を、
しっそりと、奥ふかく、言葉にすることもなく
感覚として、自身に、戻すことが、必要だろう。







余命5分32秒。

カラータイマーがなりはじめたからM78星雲に帰ろうか
星々がちかちかいっているけど
きみは1年ぶりの電話にでないので
その星は、もう弾けて銀河の宙になったかな

サプライズで、ぼくを目覚めさせて
イェイ!って叫ぼう
ダイナミズムのマグマのもっと吹いた先の
滅亡し破戒、くたびれた愛のうえに
提携を拡大し

鼻息をふくらまし
肉を呼気ででかくし
肉を吐気で、もっと、と、にぎやかし







カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 06:52 | comments(0) | - | -
胡散臭いスピリチュアルと、香しい沈丁花と、特攻隊のはじめり。

 
夢野久作のお孫さんとの談義も終わり、電車乗り場の入り口で仕事仲間が
目の前のスーパーに飲み物を買いにいっていたのをタバコを吸いながら待っていたら

すみません、血液型あてていいですか???」と、
男女二人組に声をかけられた。

メグ「いいよ。当ててみーさー」。と、いうと、二人はメグのほうに両手をむけて
なんか呪文を唱えはじめる。
ウケケ、とメグは、O型オーラを放ってみる。

男女「わかりました」
女「O型でしょう」  男「B型ですよね」  メグ「ちゃうねん。A型やねん」  男女、がっくし。

女「じゃ、いま吸っているタバコの味を変えてみますね。(男にむかって)味を薄くね」
男女は、また両手をむけて呪文。んま、変わるわけない。残念ながら。

レイキ?と聞いてみると、セイメイ(漢字わからない)というレイキみたいなもんらしい。
「わたし宇宙人やから、あかんねん」と言っておいたが。。。。

大学生以来ぶりぐらいに、そーいうもんに声をかけられた。
最近、流行っているんかな?

さてて。わけのわからん波動はさておいて、春になって、シビレル季節で
気持ちよいクラクラ感に包まれた一日だった。

朝、マンションを出るときに、マンションの植え込みに、

大好物の沈丁花が咲いている。
香りが満ちみちているので、もう、やばいぐらいに、朝から飛ぶぞ。

201203251611000.jpg

そうそう。陸軍初の航空技術将校であった杉山龍丸さんは
エッセイなんかも書いているということで、龍丸さんの子の満丸さんから

特攻のはじまり、について、興味深い話を伺った。

特攻隊というと、若人が日本のために!と、自ら志願した!というイメージがあるが
そのそもそもの始まりは、
日本と米国の戦闘機をはじめ、あまりにも大きな戦力の差があったからなのだ。
(日本の戦闘機が急下降するスピードと、米国の戦闘機が水平飛行するスピードが同じ)

というのも、戦艦を攻撃するとき、戦艦を爆撃する役割の戦闘機の後ろには
援護隊が何機もついている。
爆撃機は爆撃した後に急上昇するため、対象である戦艦に戦闘機の腹を見せることになる。
腹を見せることは、爆撃を受ける可能性が高いので危険だ。
これが、本来の、特攻=特別攻撃であった。


爆撃隊+援護隊での攻撃では、戦果が上がらないため
援護隊なしで、2機で、攻撃してこい。と命令された。
つまり、これは、体当たりしかないことになる。

死をもって我、銃弾となる。

これが、美談となり、志願兵をさそい、今でいう特攻になったとさ。。。。。




クレイジーな常識な時代のお話だけれども、

いやいや、今も、結構、クレイジーだったりする。


っていうことで、レッツ・レヴォリューション。
まずは、リフォームからだなー。









言葉になるものごとが沢山になって
ひめやかで、幽玄で
そこはことない、ものが、横っちょに寄せられているけど

こころは、たえまない浮遊のうえに、直立したくて
直立しているものが、波のリズムで存在していることも知っている

八百万の神が
ニッコリ笑う

合理的には、生活は成すかもしれないけど
儀礼を欠くと
ぼくは、それを、きみの弱さだと、受け取る

律すると縮小し
甘えると、ロマンスを広げる

そんな、オトコの特権が
人間の証明のように、未来までも、つづくなら
おんなもこどもも、ほほえむだろ




カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 22:40 | comments(0) | - | -
逃げるのか、追うのか、フラットは、どこにあるのか。





逃げなさい。逃げなさい。逃げてるうちにぐるっとまわって追いかけてた。
同じ場所が僕の中で違う場所。



射抜く言語だ。

エロい。生命らしい。
ダチンコ・キムランの言葉がびりびりきて、アトリエ部屋にひここもっていた。
行方知らずの下絵に、あ、これか!と、絵をさして、もう少し行方しらずかな。

常に、自分は、なにもわかってないので
感受する限りのスパークはする。

色彩の完成なんて、どこにあるのかしら。

言葉は、断言語が在る限り、二元率の白黒世界にいきがちだが

追えや、追うほどに、
ぐるり、おれは、追われるやつになっちまった。

と、同語である。

次元に束縛されている人とは、色彩で、アッパーでその脳裏をひきのばすほうが
おもろい世界が気付けたりする。築けたりする。
それは、麻薬のようなものでもあるので、
付き合った男の名前を忘れるような、刹那でもあり
また、とんでもない経験をしたことが日常と非日常をゆきかっているという
日常に、クエスチョンマークを、抱くことにもなったりもする。

とっても何度もいっているし、社会的説得力ないけど(ごめんね)


絵は、ほんとに、難しい。
完成が、ない。
何時間も、スパークしても、同一している感にはほど遠い。


つまりは、メグが、何か足りないか
おまえも、足りてないのであったり。


いいじゃないか。
下絵まで、2年。また今日色を射すまでに、2年。
さらに、人生、発酵。












奥さんがつくてくれた半熟たまごに
嫉妬したりする世界もあるようで
敵がぶちぬいてくる弾って
けっこう、それらしいようね

本気で、くることには、いのちは、萌える

おもしろいことに、は虫類でも、ほ乳類でも、そうなんだって
敵とは、愛らしくって
ぼくが、もしもできならば
ぼくに銃口を向けてくる敵に
抱き付いて、オッケイーといって
それらから銃殺されたい

遺言は、ええやんけ。

で、ええやんけ。











カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 05:03 | comments(0) | - | -
欲望と、保守と、哀しみ。

 
欲望と、保守と、哀しみ。

かなり面白い命題だな!と、グルグルと考えつつ思ったのは
おもろいと思っているヤツの生き様で。
メグも、そうありたいし、あろうと思うけど、まだまだ足りないけど。

そう、メグが、おもろい!!!って、思って大好物なひとって、そうやねん。

欲望=未曾有の未来に接着していく
保守=超・個人的に、愛されていること
哀しみ=うん。いろいろあったよね。大変やったし。経験の多さ深さ。

相反することも、ある。


欲望も、保守も、哀しみも、すがりついているようで、そうでもないんだけど
ふいに、与えられる。
欲深いと、ほしいもんは適当なもんばかりだろ。
保守も、守ろうとすると、くだらん守っているばかりの関わりで。
哀しみにいこうとすると、メンタルヘルスがおかしいひとと関わるかも。


ちこっとしたことで、自身の認識と、感受の、バロメーターも変化する
三分前は、きちきちラーメンやのに、お湯そそいだら、おいしいラーメンだとか。
(メグは、インスタント食べられないんだが)


はざまは、どこに、あるんだろうか。


認識のはざま以前に、判断の、次元ってのは、自分自身をおもっても
うははーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
スローモーションのように、判断したときのことを、再度、感じてみたい。

すごい感情や過去、意識、未来様相とかが、まじっている
スパークだ。


戦争って、それらばかりだし。

恋も、そんなこともしちゃっておる。



そして、メグは、懺悔している時期なんかも???とか
思ったりする。

もう、傷つけるのは、やりまくったし
なんやかんや、やりまくったし
ごめんなさい。

それが、まだ、続いているのは、そんなことを、
まだやっていたからかも。





懲役を済ましてない感覚が
仕事でも、私生活でもある。


お金のためにお金をつくることの

反吐とか

その吐き気が今のメグの、貧乏か!!!!にしし







だれかは、言った
みずになりたいと
炎で焼かれる前には、みずが、ほしい

そんな、みずに、なれない

半透明の、半漁人の、なかばいかず
宇宙人には、あと、何歩

精神は、きりきりする
歯が、ギリギリする

あやかしの、未来
欲することも、守ることも、涙もわすれて
次元の彷徨に、投げ捨てられて

そこから、なにかが、いつも、じわじわ、はじまる





カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 16:26 | comments(0) | - | -
概念的がメイン?観念的もすくいとる?勉強は、目をあけるが。観念は、目を閉じている。

 
たぶん、瞬間あれこれ対話など、起きていることを、ポエジックに、
しかも、なるべくわかりやすいように、
断、として、語ることをしないといけないんだろうな。。。。。と、
オフィスにいても、いろいろな人の話に、「えーー。そか。凹」 なんて感じていることもあるのを
放置している。

みんな、どうしているんだろな。
自分が、それを吐く事の心理をわかったうえで、吐いているってのは
対象の在り方や、伸べる世界への傷つきも、ある。
たくさんの、瞬間と、みんながそうで。


言語にもしたくない例題をあげるとすれば・・・


書くのもイヤなような幼稚な自我やら生きることを除外して
「生」や「聖」よか、「利害」で生きている人とも、残念ながら出会う。


例えば「殺戮の過去の歴史」、「自己、国家的正当化」、
戦後の色恋沙汰なんて、顕著だけど、
道徳って、何かって深くも考えてもないし、破ったこともない奴らのいう道徳
倫理って、何かもも深くも考えてないし、歴史も学ばず
世界各国旅したこともないやつの、倫理。

まったく、説得力が背景としてないのに
なんだか、生まれたての小鳥がピーピー泣き叫ぶように、
なんか、欲しいのね。乳か。
なんぼのもんを、世の中にコミットして、言っているのか、わからんけど。

言うのも、自由。吐くのも自由。
それは、呼吸と、近しくなっている、豊かな国の特権だろう。











あきれるばかりに単純な命題は
知的好奇心を深まってないひとには
ビビッドな宗教のようなものであり

あきれるばかりに単純な命題は
好奇心にダイヴすればするほど
いくつもの修飾と派閥と今がそがれ深玄にもなり

至高の孤独を、味わいつつ
氷の音を聞く
まなこの奥底の、まだ生きたり死んだりしてないことのなんだか
ささやくようで、あるいは、強烈に

男まさりな、子宮は、拒否し受け入れる

けだし、けだし、と、痙攣しつつ
とっておきの、瞬間、感想と、観念と







概念なんて、勉強すれば、アホでも、身に付く。
観念は、イマジネーションだ。

勉強は、目をあけるが。
観念は、目を閉じている。






カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 05:32 | comments(0) | - | -
ただいまの、汚らしい、現実日本の、吐瀉物。

 
ラクチンに、書けないことも盛りだくさんだ。
最近は、お仕事で、書く責任をやってないからだろう。
書く、責任をやると、言葉をとっても自由にしたくなる。
意味から、解き放ちたくなる。
お仕事は、意味を、意味しないといけないといかんし。
ターゲットの、今いきている人の分かる意味で、漢字もひらがなも、
いま、モテる言語づかいも、左脳を使って、右脳とのバランスで、数学する。

そこに、ビジネスの、おもろさはあっても
メグ自身の、生命の、根源にある血の脈動するドクドクの血液のエロさは、ない。
そこには、生きる。という、切実はなく
もっと、近視眼的な、目の前の欲望に合わせたからの、ことだろう。


少しは大人になったようで、親にもなれず
親は、親のままで、墓にいず
いつかは、とんでもない、人生というものの
ハザマの、はさかったとこで、悶絶する。
という、未来も、きちんと、見えています。

奈落の果てで、わたしは、わたしをかわいがったが
そこで、愛するひとを、かわいがったことがない。
奈落に、愛するひとが、いったことがないからだ。

もしも、愛するひとが、そこまでいったなら。
命を閻魔さんに、あげてでも、「やめてくださんせ」と、いいたい。

それでも、奈落より、人生を大いなる闊歩している、凄腕のジーサマは
三途の川をこえて、この世の、時を、体現し

その上で、わたくしたちに、くれていたりするから
大好物。


そこまで、いけないかもしれんけど
そこまで、いった
を、記録するだけではなくって、そのまだ、まだの、最果てのつづきを
どうやれば、と、思う。


とっても長い時空間で、つづいた果てだから
子どもをつくって、その子ども、みたいなDNAの刻みになる。

まさに、石を、穿つ。

で。








星も、海も、青も、色彩も
かなぐりすてないほど、まずもって、生きなければいけない

わたしのために、生きるのは
とうのむかしに飽きているから

死んだひとのために
ひるがえし、くりかえすように
よみがえりのように
いきなければ、ならないという

おおくの日本人が、知らないこと
興味ないだろうことを
やるのだ

実情の、嗚咽と
現実の、吐瀉物









カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 02:21 | comments(0) | - | -


デジタル言語の、この「はっきり」した、意味って、なんだろうな。
短い言語で、しかも、同じタイプライトで、何を、伝えるっていうんだろうな。

ということで、メグは、さらに、時代遅れになっておる。
それを望んでいるんではないが。


今日は、思い出の詩で。音で、

こんな感じとか、言葉にしなくても、
伝えるに、ふさわしい音だと思ったけど
伝わらず。何年も何十年も精神有象を、共有したが


そして。

ズコッケ。




Adele - Chasing Pavements


I've made up my mind,
もう決心したの
Don't need to think it over,
考え直す必要はないわ
if I'm wrong I am right,
例え間違っていても、正しくても
Don't need to look no further,
これ以上先を見る必要もないわ
This ain't lust,
欲望ではない、
i know this is love but,
これは愛なの

If i tell the world,
世界中に伝えたとしても
I'll never say enough,
十分じゃないわ
Cause it was not said to you,
あなたに伝えなければね
And thats exactly what i need to do,
そして、それこそ私がするべき事なの
If i'm in love with you,
あなたに恋しているならば

Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere,
それが先のない道だとしても
Or would it be a waste?
それとも無駄なのかしら
Even If i knew my place should i leave it there?
例え自分の居場所をわかっていたとしても、そこで終わりにするべきなの?
Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere
それが先のない道だとしても

I'd build myself up,
自分自身を築き上げて
And fly around in circles,
円を描きながら飛び回るの
Wait then as my heart drops,
心臓がバクバクし、
and my back begins to tingle
背中がぞくぞくするのを待って
finally could this be it
これがそうなれるのかしら

Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere,
それが先のない道だとしても
Or would it be a waste?
それとも無駄なのかしら
Even If i knew my place should i leave it there?
例え自分の居場所をわかっていたとしても、そこで終わりにするべきなの?
Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere
それが先のない道だとしても

Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere,
それが先のない道だとしても
Or would it be a waste?
それとも無駄なのかしら
Even If i knew my place should i leave it there?
例え自分の居場所をわかっていたとしても、そこで終わりにするべきなの?
Should i give up,
諦めるべきか
Or should i just keep chasing pavements?
それとも自分の道を追い続けるべきか?
Even if it leads nowhere
それが先のない道だとしても





感覚が、違うと、
宙感ちゃうと、あかんのらしいぞ。

この、日本。




Should i give up,


何を諦めらることを、つづければ、いいだ。
常にだろうけど。


どこまで、もたせることが、できるのか。
ってのは、今年まで生きいること、までしか、わからない。
(今年まで、なんとしても、納得する仕事しか、しなと決めた




さようなら




Adele - Chasing Pavements



ちと、メグと、ながくながく、ながすぎるぎらい
関わってくれて、ありがとう。

の、巻

追悼





もう、ぼろぼろのぼの片割れが
どこにいるのかもわからん。



カテゴリ:雑言誘拐レイヴ | 06:01 | comments(0) | - | -
| 1/19PAGES | >>