正義の前の「善」を問うことがない日本は、民主主義ではないのだ。


内部から、あふれることはないが、
したたるものが、あるとすれば。 人の善 ということだ。

「善」の認識は、多数あり、禅の、西田幾太郎から、欧州でもサンデルでも、そうだ。
幅広い

サンデルの「正義」に関して、サンデルはコミュニタリアンなので
ああ、共生正義か。それは、人間論で、語りにくいんでは。とは思った。
地球上には、多種な人種、多様な文化が、あり、植民地とかで
文化を植え付け、ローカルな文化は、薄くなっていく。

一番、需要としないといけないのは、日本においては、共同体、っていう
認識が、いまでも、根付いている。
だから、他者の目を気にするし、アッパーなことは、少ない。

守るのか?創るのか?
って、問うたときに、たいがいのひとは、守ることを選ぶだろう。
それが、全体優位性のリバタリアンではなくい、
新自由ってよか、「承認文化」だ。


空体語と実体語というバランスクラシー








ほのうの、ほんとうに「善」ってのを
思ってないと、結論がない善議論を、うえのほうで、やっておる。

民主主義ではないなが。



with me
what you see is what I see
everything is so beautiful in your sight

for give me
I never wished to see you cry
I'll listen to you, so tell me all along this road

the sun is chasing us
to let us know the time

the world is everywhere for us, my baby girl

Goodbye
just for right know



突かれるまえに、突かないと、あほに、人生を壊される






 

カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 11:20 | comments(0) | - | -
切腹からの、国体もないけれども、市民革命も起きてまへん。。。。。

 
風呂上がり。やっとこさ、まったりタイム。

また日本近代史の人物相関図に修正を加えたりしていて思うのは
快人って、すんごく長生きする人って、結構いるというのと
短命すぎて、怪人になれなくて、なんとなく伝説、っていう人がいる。
短命の場合、明治時代に武士道がはやったせいで
「切腹」美学が流行ったせいもあるんだろう


「切腹」に関して前にも何度か書いたが、(夏に書いたやつのほうが、おもろいかも・・・ブヒ)リンク

この切腹なるものが、いちいち日本独特の様式美、作法になったのって
丹田に霊魂がやどる、というような、日本的霊性があり、

同時に、メンツという「面目・体裁・世間体」がある。

日本の豊かな風土がもたらしたものだろうか。
合わせること、で、お互い様精神でやっていく。

世間の底が抜けてしまった戦後以降、誰もがわかっているように
米国主導で、骨抜き教育されて、わたくしたちがおる。
国体、って、全く使わない言葉になってしまっているな〜。と思っていて
ふっと、福岡オフィスは”国体道路”ちょいとそこ。

メグ、自身、「国体」という言葉を、使うことがないんだけど
たぶん、福岡の”国体道路”のいわんとするところの”国体”って、
国民体育祭みたいなノリで、つけているんだろう。と、思っていた。
たぶん、そんぐらいチンケなノリなんだろうけど。プヒー


なんとなく知っている「国体」を調べてみた。



国体とは・・・・・・・
日本神話の、皇室は万世一系の天照大神の子孫であり、
神によって日本の永遠の統治権が与えられている(天壌無窮の神勅)天皇により
統治された、人民やふるさとのきまり・格式といった意義。
国体論では、とりわけ他国との対比において、王朝交代・易姓革命・近代においては
市民革命が起きなかったことを、日本の国体の表れとして重視する。
論者の大部分は天皇による国家統治を国体の不可欠の要素として主張する。



うげ。そこまで、細かいんかいな!!だ。

メグは万世一系とか、アマテラスとか、個々の信仰的解釈であり
万世一系いうんやったら、日本人、そもそも、何人やねん?になる。
そして、アマテラスは、いちいち重要視されるような立ち位置ではないんだが
なんだか神話的に政治的に、都合がよかったから、アマテラス信仰があるだけだと思っている。


”市民革命が起きなかったことを、日本の国体の表れとして重視”

とか、いつか、かなたの時代では、よろしかったのでしょうな。
いま、国体もないけれども、市民革命も起きてまへん。。。。。
それは、なんでしょうな。。。


そして、メグは、天皇は統治しているんではなく、日本のブランドマークだと、思っている。
マークって、意味ではない、言語ではないから。
でも、マークは、やっている行動、意義、意味を、象徴する有機的デザインで。



。。。そして、昨日も今日も、寝ずのメグの番なので、続きマッスル。


試作の前に、名作映画「切腹」でも。
日本人なら、見るべき映画。「一命」かいな。海老ちゃんの。それは、見てない。









ほんのほんの、ちょっとずつ
朝日がのぼるのがおそくなったし、暗くなる時間もはやくなる
ちょっと、ちょっと、その、ちょっと、ちょっとを、
ああ、ちょっとね!と

まず、知るべきものは、自らの微やかな兆候で
瞬間、それは、瞬間、瞬間、と、点と、点をつなぐようにやってくる

意味づけようとするバイブルと
意味をこわす哲学のはざまで
また、今日も、日はのぼり、わたくしにかまわず
動物は、脈動する
時とともに、変移する

あまりにも深く刻まれた生命のリズムは忘れることなく




















カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 03:14 | comments(0) | - | -
若者議員就職活動と、在特会。


日曜日、オフィスでしこしことお仕事の巻。
さきほどテレビでやっていたんだが、
議員になろうとする若者が増えているとのこと・・・・・


1.21人に1人が当選! 
"20代、コネなし"が市議会議員になる方法

という本も売れているとか・・・・!?


第1章「市議会議員になるのは無謀な挑戦じゃない!」では、
市区町村議会議員の平均倍率が1.21倍であることを挙げ、
倍率で見ると、「佐賀県庁に転職するより佐賀市議になる方が100倍簡単だ」と述べています。


おもしろそうじゃん!
若人にどんどこ就職先として、チャレンジしてもらいたい。


さてて。9月の東京脱原発デモでフランス人男性が逮捕された(2日後に釈放)ときの
動画がちょっと話題になっているみたいだ。

熱心な原発推進派である保守団体の在特会メンバーが、
警官たちに「射殺しろーッ!」「生きたまま原子炉に叩き込め!」と
拡声器を使って煽っている。。。。。。
滅茶苦茶だね。



在特会・・・・・・在日特権を許さない市民の会。
「在日韓国・朝鮮人が握る特権(在日特権)は、あまりにも大きすぎるとし、
日本からなくすこと」を目的に設立。
活動では在日特権以外にも抗議活動を行なっている。

在特会では「お上品な事では社会は変わらない」という考えから、
やや過激なシュプレヒコールや言動等が時々あり、
同じ思想を持った者からも疑問や批判が出る場合がある。。。のだと。

ふ〜ん。


ネット右翼がリアル活動してるようなもんかな。









風が吹きすさび、嵐がまいおり、闇が空を閉ざしても
人型は、森のふかくのスネークダンス
わたしは、あなたの目の奧にからみつく

蕾が花となり、種とび若芽がすべりおち、陽が色づきを讃えても
すべての調べのうちに、声なき叫びはひびきわたり
あなたは、わたしの遊戯を見守っている

いのちをたたえる、容赦なき日々に
ひっそりとした思念と、烈なる想念がからみあう

名もなきものを、呼ぶときに
目的すら忘れて、呼ぶときに
誇らかな沈黙のなかに、炸裂する
我らが、夢の、ただなかよ








カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 20:10 | comments(0) | - | -
右寄りな近代史を知らないのは、日教組教育のおかげさまなのかな?

 
歴史研究会で学びはじめて、いかに自分が特に近代史を知らない のか!?と
びっくりする。
社会人になって、個人的な趣味で、古代史(神話の時代・縄文)を学び
史跡めぐりや、その当時の宗教・芸術様式に触れてきているけど
近代史については、アホなほど、無知。

靖国問題や、特攻隊にも人間魚雷・回天や水上特攻艇・震洋、

そして風船爆弾などの存在を知ったのは、社会人になってから
。。

。。。トホホ

回天の記事は、こちら。

風船爆弾は、こっちね。

なんと、無知に学生時代を過ごしてきたんだろう。と、恥ずかしくもなる。
学生時代のほうが、本を多読しまくっているのに、偏っていたんだろうか。
それとも、高校までの教育で、ちゃんと近代史を教えられてなかったのでは????

と、いぶかしー、気持ちになるのであった。

メグは、いちばんなりなりたくない職業は、学校の先生。だったのだけど
理由=個人の人格と未来に影響大な仕事につくのは人格者やろ。なので。
そんな個人ひとりひとりに、強大な愛を注ぐのは、メグには無理だと、
小学生のときに思ったし、小学生のときに、


せんせいは、おとなだけど、

ぜんぜん、おとなじゃない。

と、さまざまな暴れん坊事件を通じて、子供ながら悟ったのであった。
ちなみに、メグは、小学生のときに、
ヒステリックな平井先生(女性)がふいに投げたスプーンを眼球で受けてしまい
血の涙を流した記憶がある。
健忘症なのに、覚えているのだから、とっても、ヴィヴィッドな事件だったのだろう。。。笑


ほんとうに、実際のところ、日教祖、もとい、日教組って
漢字似ているけど、全然ちがうけど、今は、どういう風に捉えられておるんだろう。


(全部で、3つまである)


どっちにしても、安定を求めて、教師になるのは、あかん!と、思う。
どんな教師も。教授も。

「多数の個々」に対する責任は、「社会」に対する責任よりも
痛感が、瞬間瞬間ほとばしるものだろうから。
そこから逃げた時点で、「教える」ということは、やめたほうが、いい。







10年後の未来には、盲目になる
だが、100年後の世界には、目をみはる
己のことに血潮を注ぐよりも
ぼくは、樹木と同化しながら
目をとじて、ぼくがいなくなった野辺に
今よりも、あふれんばかりの

愛と、情熱と、恋慕と、
不満と、抱擁と、菩薩と、
無関心であることのない、体液が流れる人間を思う

なのに、自分の限界をイマジネーションしてしまった
ぼくに、この時代をどう破ることができようか






















カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 23:43 | comments(2) | - | -
しずかなのが、うつくしい世界を、メグは、求めているが。。。とんでもないな。

 
なんだか、最近、メディアに出てくる 学者に近い若人 が、あまりにも
ビジュアルチョイスされているんじゃ??? だって、メディア受けするもん。
という感じは、ある。

20代で、世間を語るって、よろしいとんでも暴れん坊侍だと、納得いくけど。



政治とか社会というのは、向かってくるものだと思うんですよね。
年齢的に成長して、家族を持つとか子どもが出来るとか、大切な人に出会うとか、
そういう状況の中で具体的な問題となって立ち現れ、迫ってくるものだと思うんです。
例えば、子どもが通っている学校が荒れているとか、
そういう具体的な問題に巻き込まれた時に、
それにどう対処していくかを考えることも政治ですよね。




びっくりした。

「は????」

だ。歴史とか勉強してないんちゃうか?と、思ったのだけど、
こういうのが、トレンドじみているらしいから、ちゃんと知っておかんとあかん。

若者はもっと「自己中」になって社会を変えろ〜
「絶望の国の幸福な若者たち」著者インタビュー〜
 (←リンク)


目は、人を語るが、彼の目に、見えたのは
調理人であった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

古市憲寿(ふるいち のりとし)
1985年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程。
慶應義塾大学SFC研究所上席所員。
著書に、「絶望の国の幸福な若者たち」、
「希望難民ご一行様 ピースボートと「承認の共同体」幻想 (光文社新書)」、
「上野先生、勝手に死なれちゃ困ります 僕らの介護不安に答えてください (光文社新書)」など。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そか。絵本の世界だ。


言語使いは、巧い。
なんでそこまで、テクニカルなことをせんとあかんのか???!!!!と、思う。けど。
おまえの、本気は、どこなのか?わからん。

んで、おまえ、何したいの?

の、お話だ。よくよく、あるように。
黙っておく、っていう手法もあることは、哲学で学んでいるだろ。


戦前、日本は、大儀(天皇)が価値観の全体性に重かったから
どうしようもなくもあり、忠義で、その価値観に、イエス!とした。
日本の文化がもっているもんは、多像的であって
たとえば水たまりに、ゲンゴロウやトンボや、ヤゴとか、いろんな虫がおる。
おう。おまえら、おるな!
そして、池の秩序を守るために、水神さんのために、やろうぜ。ベイベー。

という、とっても現実的に生きていくことに沿っている
「天皇」(当時では、すべ、だ)

大儀のでかさは、変化するし。
日本の大儀がもっているものは「和」とか、大らかで、和みがある。
それは、キリストの二元論ではない。

けれども、明治維新の時代の人って、キリスト教を信仰したりする。
男だ。だって、男は単純やから、「何が、なにや!」と、言い切ってほしいという
弱さが、ある。

母の魂は、おーおー、おーるおっけいよん。

革命途中に、疑念する哲学的思考の、ぐるぐる、ぐるぐるに耐えられなくなれば
安きに流れるのが、男のさが。
なんでか、男は、たやすいほうに、流れる。

きちんと、学問したいなら
その土地に行き、そういう感度をもっている人と関わり
全体性を、ひたさないといけない。

現代で、虚術 していることを
恥に、せんと。

いつも、解ってないことを、基盤にしないと
歴史を、血潮にできないし
軽々とは、語れない。

もっともっと、知らないことだらけだろ。



んで、だからこそ。



おしゃべりな仕事しておる人の
アホも、見抜いたうえで、
やれることも、もりだくさん。



なんだか、おしゃべりな、おっさんも、増えているな。
生命、駈けてないくせして。

おいしいところだけ、ほしいのか?おまえ。

だ。










ゆきずりの、出会いがしらの、「っ」は、いい
あっ!うっ!えっ!おっ!はっ!ほっ! などなどと
ゆきずりは「っ」を帯同させる

「っ」。この息を飲む呼吸器反応こそが
ゆきずりの、時めき

それが空なら、なおさら
自転車を止めて、目をつぶって眼球をしぼろう
それが草木のにおいなら、なおさら
出会いの変化を祝って、毎晩、ぐるぐる、回転する
それが、夫婦ならば、至高の幸

ゆきずりと、つまずきは、時の不幸の仕掛けにもなる
ぼくは、たくさん、つまずいており
ゆきずっては、つまずいては、こけては、おきては、どろまみれ
がっ?はっ?へ?そして、ん?に、つづく道程になる

ゆきずり、つまずき、経ては、うがつ
ここまで、いけば、なにもが全部で、神さんから放たれる





カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 03:57 | comments(0) | - | -
米国様による、米国様のための、伸びる環太平洋TPP

 
ついにDVDプレイヤーが壊れた。自分で修理しながら頑張っておったんだけどなぁぁぁ。
そんなDVDプレイヤーを地味に分解していた今夜。
TPP問題は、前前から論議されていたけど、最近になって、あっちもこっちもTPP。
詰め将棋をしていて、米国からの無言の圧力に、
「こりは、練習ねっ」と対応しようとしているような日本であったー。なーむー。

TPPをめぐる議論の間違い(東京大学 鈴木宣弘) ←PDFリンク

鈴木先生のような言説使いで
「これは間違えである。」と、

明確に説明してほしいのに、原発放射能問題もあるんだけど。

電力会社にね。


さて。
「とくダネ!」で京大准教授の中野剛志さんが、熱くなっていたのが話題になっていたようだ。
ちょいと昔とか、テレビでの熱い談義とかって、よくよくあった。
今では、すぐに問題視されちゃうので、議論の熱さがテレビから失われている。

中野剛志さんの言葉あれこれ。




しっかし、3.11以降、まだ放射能を垂れ流している日本で
野菜畜産だけでなく、魚介類への不安問題はさらに表出化してくるだろうし
お馴染みのサバやサーモンはノルウェー産が普通。
EUも2006年から食の安全に力をいれている、オーストラリアもそうだ。

そもそも、国際ポリスの地位が失われようとしている
米国の国力発揮みたいなもんではなくて
やるなら、国家間で各々のFTAやEPAでは、ダメなんかな?
なんで、アメリカ様さま じゃないといけないんだ????






ほんま、あと3年先、5年先、10年先の日本は、どうなっているんだろうか。

立ち上がろう日本、とか ポワ〜ン としたキャッチではもう無理で

このままだと殺されるで、おまえ! ぐらいの突きつけがないと、

戦後、骨抜きにされた私たちは、ガツンと動かないのか。。。と
情けなくも、思うのでもあった。









社会のなかで、社会的な道徳をわかって、
お仕事をして、飲み食いコミュニケーション会合にも付き合うし
ぼくには、社会性もあるだろう

会社にいるので、会社のルールを守り
やることはやって、もっとやりたいことを合コンで発散して
ぼくには、会社があるからできるんだろう

社会は、世間なのである。

社会は、小学校の教科書に組み込まれていることは忘れて
ぼくが社会の教科書の一文字を担っていることに無意識で
社会とは会社だと、ぐるりと、逆立ちしたまま
ぼくは、今朝も、規則的に、出社する







カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 02:19 | comments(0) | - | -
親が病気になって、やっと気づく日本の医療制度の歪み。ガン難民


今日は朝はやくから、ホスピスのある病院に新事業についてご意見をいただきに行っていた。
キリストの精神に基づいた病院で、貧富に関係なく丁寧に対応してくれる病院で
事務局長さんも、とってもわかりやすく、色々なことを教えてくれた。

この病院で亡くなる人の数は、180床で年間に360人ほど。
1300床ある大規模な病院でも、年間に病院で亡くなる人は140人程度だと。

最近、お医者さんとお話することが多くて、日本の医療の現実を聞いて
その、えげつなさに、愕然としちゃうことも多々です。

さてて。

福岡は日本で一番、ホスピス率が高く、

その数は、東京と同じだと!

年間に120万人が死亡し、その3分の1がガンで亡くなっている。
2025年には、165万人が亡くなる時代になるから
ガン難民は、ますます増えていくだろうとのこと。




ガン難民とは

世間一般に共通の明確な定義はないが、民間研究機関の日本医療政策機構では、
「医師の治療説明に不満足、または納得できる治療方針を選択できなかった」がん患者である、
と規定している。
「がんなのに診察・治療を受けられない患者」ではないことに注意が必要である。患者が有効な治療方法についての情報や治療の機会を十分に得られないため、と指摘される一方で、
医師から充分な説明を受けても納得しない患者の存在も指摘される。




日本で、ホスピスの概念が定着しはじめたのが10年前ほどから。
まだまだ、ホスピスの役割を正しく理解してもらえてなかったり、
お医者さんの説明不足・コミュニケーションの欠如で
ほんとうは、より良いケアができるのに、それを受けずに亡くなる方もいる。


もっと、日本の医療制度の脆弱さを調べてみたい!と思った本日でありました。









すべてを、自分をも喰らいつくすほどに
混迷する場所を
混沌のただなかの一点でなく
ひかり、と、しよう

絶えなくそよぎ、ふきつける
充たされすぎる空白や
空白のページを求める何かや

充満しては、特異点がやってくる
はじめて聞くお伽噺のように
ぼくらは、常々に、発光しては
点滅する


カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 23:41 | comments(0) | - | -
どじょう首相と、光る遺伝子操作フィッシュ。


久しぶりの”雲ひとつない空”な本日。
大型台風が抜けていって、過ごしやすい天気になってまいりました。

愛煙家などじょう首相



たばこ増税は、なんとか止めてもらいたいものであります。

さてて。
人工的に美しく遺伝子操作された魚が売られている。。。。



遺伝子操作によって蛍光色に光るようになった観賞魚『GloFish』!
遺伝子操作を施した水生動物が2003年に禁止されたカリフォルニア州を除いて、
米国のすべての州で1匹5ドルで購入できるのだと。

こうなると、蛍光色に発光する皮膚をもつオサレな遺伝子操作人間も可能だろうなぁ。
ブルル








ぼくの、黄色や青やマゼンタや
色とりどりに、さいなまれたカラダは
もう、幾数年、十字架に、かかっている

きびしくも、やわらかいフリをする
自然は、不条理を知らぬ人間を軽々殺し
慎重で、大胆な生きものには
あい、と、あく、の像を
吹きさらす荒野の果て

冒とくには、戦慄と合歓の木を。

抜けだす小さな、たましいが、空を遊んで
また、ぼくのなかに入ってこようとする
メランコリックな感傷を、血みどろに
ドメスティックな痴呆を、無視して
バイオレンスな今を、解きほぐすと

ケムは、ケムに、溶け
在は、有に、登り

とりこ、という、祝宴








カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 18:40 | comments(0) | - | -
暴動とアナーキーとガセネタ。


テレビをほとんど見てなかったんだが、
警察官による市民射殺をきっかけに起きた、イギリスの暴動、拡大しているなぁ。

★若人による暴動 ★ロンドン、バーミンガム、マンチェスター、リバプールにも飛び火
★10日現在、1166人拘束 

失業率の高さも暴動を加速させたとなっている。
イギリスの失業率は世界49位。日本は82位。
世界の失業率のサイトリンク





セックスピストルズの「アナーキー・イン・UK」が流行ったのが1977年。
この曲を聴いたことがない英国若人は、いないし若人にはパンキッシュな血が流れているだろう
いまも、なお。
でも、かつて、日本でも若者が音に、文化に、芸術に暴れていたような時代ではなくなっていて
なんだか、現実主義的な、合理的なものがドデンと時代に鎮座し
なんでもありのランダムウォークで心地よく生きていくことが難しくなっている。



オレはイギリスのためのアナーキストだ
イギリスはオレに感謝しろ!
この国の交通もインフラもオレが止めてやる





町田さんの時代も、おもしろかった。
こういう体感アクションを経験したことのない若人は、かわいそうだな、と、思う。

ネットとかじゃなくて、リアルで、ビシバシおのずから考え創り共有したり。
とんでもない孤独と貧乏だからこそ
できることもあるんだが。。。。




イギリスの若人は、暴れているけど
これが日本の若人となると、もうはや草食化しておるので
なーーーーーーんも、しないんだろうな。

残念。




暴れよう!ニッポン!








なんでもありのランダムウォーク
ぼくの歩幅は、色を帯び
背中から羽が伸びていく

世界の上のうえのほうや下のしたのほうに広がる
純粋波形の波にまみれて
ぼくは、もののくされのほうに彩かされ
うわごとをいいます

すべての愛おしさに
月光浴を

路傍の虫とし

切れ切れに

すべてを許してしまおう





カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 20:46 | comments(0) | - | -
面白くない27時間テレビと、偽善的な24時間テレビと。

 
起きてテレビをつけたら、27時間テレビをやっていて
地方局のアナウンサーが歌をうたっていた。
まったくもって、興味がないコンテンツ。

あまり民放をみないんだが、27時間テレビって何だろうと思ったら
「笑い」がコンセプトなフジテレビ。
対して、やらないよりやるほうがましだろう偽善、な日テレの24時間テレビのコンセプトは
「愛」だ。

納得。

27時間笑わせるにはお金もいるし、そこに「感動」とか求めてない
笑いに求めるのは「突発」やら「新規性」と「なじみ」とかか。

アホでとりあえずは27時間ながすわいな。

という、放置した炭酸ソーダの感覚は、にゃろめ。
脇の下が甘い、スキだらけで、許せるとは思う。上手なコンセプトメークだ。
一方、24時間テレビは「愛」なんて、壮大で深いもんをコンセプトにしているから
コンテンツのツメに脳みそ、かなり使わないといけない。

愛は、笑いではないし
愛は、普遍だし
愛を知る、ひとは、生きて死ぬから。

詩的な感受で、コンテンツを作ることで、お涙誘うのだけど
そこに商業的なにおいがすると、たちまち「偽善」と揶揄される。

24時間テレビのプロデュースは、パンクロッカーとか、バリバリ表現者がやったほうが
非難されないんだろうな。

保身なき、生命。

内田裕也は、樹木希林の懐に抱かれて、暴れているので
ある意味、男子っぽい。

なによりも、樹木希林。
樹木を、希望する林、という、名に、
オールオッケイ思考の、アニミズムを、思ったり。













童貞のままなら、もっと、できたかもしれない。
砂はさらさらと、溶けていくし
水はすべてを忘れさせていく
太陽をはぜんぶをバラすからきらいだ

日々をすぎると、似非たものを遠ざける
その前に、ぐしゃぐしゃの下着も
掃除ができない小さな四畳半も
ベランダをつたってくる男も、受け入れないといけない

うねっては、消えていった、確かな夏

甘皮をめくるフルーツなぼくらたち
いつも、ぼくらは途方に暮れることに真剣で
さようならを、知らない強ささもっており























カテゴリ:政治法律阿呆レイヴ | 07:40 | comments(0) | - | -
| 1/6PAGES | >>