スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
心理をお金にする、良心の呵責
 

活字欠乏症になっている。
でも、満たされない。ってのも、お金を出したいほど手にしたい
いま、手にしたい本が、ないからなんだろう。


枯れた本を読みたくて、古本屋さんの、お本ではない
1963年発行のぼろぼろ本を、読む。

父上が、若いときに、読んでいた本を、中学生か、高校生のときに
メグのもんにしたのん。

定期的に、読んでいるからか、ぼろぼろ度が、激しい。




しかも、若い日の生き方やしね。

でも、最近の、打算的な、自己啓発的な、もんではないので、
おもしろい。


生きるってことの、大変さと、
その時代の、枠と、家族やら、人間とはなにものなのかを
ぺろりんと、書いておる。

かといって、当時も傾倒するわけでもなく

「ゲシュタルト・セラピーの人格論」とかも、読んでいるわけで。
だから、初期の、人格形成とか、今の、人材育成の流れが

うさんくさい。のであった。

だって、ほんまに、体感も勉強もしてないのに
それらを、お金という、かけがえないものにしようとするわけだ。

ってのは、今の時代としては、違う。
ちょい昔だったら、やっていただろうし、もっと、昔は、やったけど。
だから、そこには、タッチしたくない、


上澄みの、希望
沈殿した、本質


それらの読み取り方は、時代がかわるごとに、
自分自身に疑問をもち
疑念し、

発酵せんとあかん。


メグは、人間と、もっと、遊ばないといけないんだが。。。。。









もしも、お金が、100円あるなら、ポッケに100円だけあるなら
100円をしまったまま、ひもじいおなかを少しでも満たすために
山にはいったり、釣り糸を垂らしたり。

もしも、お金が、1000円あるなら、おなかもいっぱいになったことだし
植木をひとつ買って、お庭に植えよう。
残りを、投資なんてことに、してみようか。
いや、元金足りてない。
そんじゃ、ガリガリ君、ひとつ購入。


もしも、お金が、10000円あるなら、大好きなあのこに







カテゴリ:人間考察レイヴ | 21:36 | comments(0) | - | -
わるいと思いながら、むせかえり、 痛さを、忘れる。
 

しとしと、しとと、と。
雨が降っていたのに、やんでしまった。もうすぐ、梅雨。
ほんとうに、日本は、もたらされた風土によって豊かに
言語を増殖して、意味も陰におくこともして、過ごす国だ。

縄でつくった投げ輪を、ひょいと、路地に投げる。

フランス人は、灰色の雨をつかまえ
イタリア人は、美女をつかまえ
南アフリカでは、財布をつかまえ
スリランカでは、おもしろそうな出来事をつかまえ
メキシコでは、自分の足を入れたりして
インドネシアでは、昼寝をしちゃって
マレーシアでは、その間に、おしゃれに着替えて
日本では、目的もなく、
首をくくる道具にでも仕立てようか

モジュールに対しては強く、つまりは重箱の隅をつつくのが上手な文化形成。



かわいい、ピエロ
かわいい、アダム。


和田アキ子 バイバイ・アダム  いつ聞いても、おお!な音。



時代のスピードは、早すぎて、
戻るところはない。
ただ、勉強しつづけなければ、あり地獄に、落ちるのでもある。
という、いつの時代も変わらぬ事象もあり。


歌詞も、好きな、歌です


わるいと思いながら、わたしの匂いにむせかえり
痛さを、忘れる。

おもろい、男そのものでもあるな。





そらが、なみだいろに垂れてくる
かみさまの、おぼしめし
いま、天空は、どんな全景を欲しているのか

すべてにおいて、キリキリも助けもいらない
救いなんて、どこにもない
手のほどこしようのない
発作にまみれて、うごく、わたくしたちの麗しい手足

脳髄は、どこまで垂れ流されるのか
そらが紫色に染まったならば
高潔なる伝播がはじまるならば
ひとびとは、みずから自滅するだろう



カテゴリ:人間考察レイヴ | 23:30 | comments(0) | - | -
非効率なキー配列(受容されなかった発明)と、ブルー氷山。

 

小雨しとしと。『銃・病原菌・鉄』の下巻にやっと突入。

下巻第13章の「受容されなかった発明」に興味深い文章があった。
メソポタミア人は紀元前2000年にはすでに、岩にふくまれる天然アスファルトを暖めて
何トンもの石油を抽出し、古代ギリシア人は、石油・ピッチ・樹脂・硫黄・石灰の様々な
混合物を、投石機から撃ったり、火矢や火炎弾として武器使用している。
そして、19世紀に石油を精製し灯油が使えることを発明。
このとき、もっとも揮発性の高いガソリンは使い道がないとして棄てられていたという。

異なる発明がすべて受容されるわけではなく、4つの要素が関係しているとされている。

◎ 既存の技術と比べて経済性がある。
 →古代メキシコ人はおもちゃの車輪を発明したものの、車輪のついた車を牽引する
家畜を持っていなかったため、人力で運ぶことよりも車の経済的利点がなかった。

◎ 経済性より社会的ステータスが重要視され、それが受容性に影響。
 →ブランドもの。日本人がアルファベットではなく社会的ステータスのある漢字を使う。

◎ メリットの見分けがつきやすいか否か。
 →自国で使ってない武器をとりいれ使用する場合など。

◎ 既存のものとの互換性。 
これで、あ!そうなのか!!!と、思った例がある。

 →キー配置を効率化したタイプライターが未だに受け入れられてない。
1873年に開発されたQWERY配列(キーボードの左上の文字列にならう呼称)は
非工学的設計の結晶である。
このキーボードはさまざまな細工を施し、タイプのスピードを上げられないようにしている。
頻出度の高い文字を(右利きのタイピストに、力の弱い左手をあえて使わせるために)
キーボードの左側に集中させ、上中下の三列に分散されている。
こうしないと、当時のタイプライターは隣接キーを続けざまに打つと
キーがからまってしまったため。
タイピストの指の動きを遅くしなければならなかった。。。。

過去60年以上にわたって、キー配列を効率化したものを普及しようとする運動は
ことごとく粉砕されてきている。
今でも、QWERTY配列だもんね。


上記の4つのファクターを考えると、代替燃料はあとは経済性だね。


おまけで、とても美しいブルーの氷山の写真があったので、くっつきぼうし。

アルゼンチンの、ロス・グラシアレスにある氷河
(ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河など)

ここでは、空気をほとんど含まない透明な氷は青い光だけを反射してほかの色を吸収する。
そのためロス・グラシアレス特有の美しい青い氷河になるのだと。

こんな美しい氷だったら、閉じこめられてもいいかなー。


どうしてこんな形状になるんだろう。



美味しそうなり。ソーダー味。



鉱石にようにも見える。









惰性は、国家のほんとうはちいさいけどおおきいと幻影する
たまごの、殻のなかで
ぬめりながら、ねとねとと
ゆるやかな射精のように
官能にまみれる時間をスローにする
情欲の孵化

デブとカネの掛け合い漫才も
動画ももうすぐインターネットで流される
手にしないことの麗しさを
忘れていく

だれも、なにもない
ただ、骨の髄に
欲望も、未来もなく
刻んだ、事実を、慈しむことを


カテゴリ:人間考察レイヴ | 20:34 | comments(0) | - | -
韓国の映画でも、アイドル見ても、かわいこちゃんの「個」の区別がつかない。


オフィスにくる人で珍しくメグに話しかけてくる人もいるもので、映画の話になる。
どの俳優が好きか、と聞かれる。

んま、寺島進は外せませんな。



『新・仁義の墓場』の、岸谷五朗も、よろしい。



チェ・ミンシク、も、すごい。



ここ1年ぐらいか。韓国映画を見るようになったのは。。。。

好きな俳優さんは、男前!とかではなく、凄みのある人。
魂からの人。

チェ・ミンシクを、ごり押ししたんだが、韓国映画の最近の男前の若人を
ごり押し仕返された。。。。いや、確かに美男だけど。。。。

と、ふと、思った。
この1年韓国映画を見ているのに、韓国の女優さんの名前も顔も区別がついていない。
それは、メグの脳内の不具合によるものかもしれない。
が、いや、それは、顔が同じように、形成されてしまっているからちゃうのか???

そう。整形。

なんで、韓国は整形立国であり、美容が資本になり下がっているんだろか???

と、不思議に思う。



『キレイならいいのか』(デボラ・L・ロード)の書評からも考察したいんだけど
・豊胸手術を受けた人の40%は3年以内に合併症を発症する。
・思春期の女性の6割がダイエット中だが、摂食障害の問題も深刻
・とりわけ、無食欲症は、精神疾患の中でも死亡率が1割〜2割
・肥満の人の3分の1は、体重を1割カットできるなら死のリスクをいとわない

かくして、米国では、年間400億ドルをダイエットにつぎこみ、
そのほとんどが、失敗に終わっているとのこと。

すごい執着だ。


己の魂の在りざまへの執着は、

どこにいったんだろうか。







ふっと息を吹くと、いろとりどりのシャボン玉
いましかいないから、ぼくをつかんで
七色の虹をこえて

ぼくらは空を求める
急滑降のジェットコースター
はかない夢だとわかっていても
ぼくを見失わないで

なんていう、あくびがでそうな陳腐なマーケティングに
少年少女は、まどわされて
少ないお小遣いを増やすために

身を、売り
大人の仕掛けに、だまされ続ける








カテゴリ:人間考察レイヴ | 23:38 | comments(0) | - | -
マスメディアも自分も、アホなクレーマーに、あらがわないといけない。

 
昨夜、『自衛隊だけが撮った0311−そこにある命を救いたい−』を視聴した。
民放を見るのは、ひさしぶりだー。

自身が被災者でもあり親族が行方不明にも関わらず、親族よりも「市民」のために働くなんて
一般市民にはできないだろうな。
そして、若干20ちょいすぎの自衛隊員が、死体の捜索をせねばならん。
多くが死体を見たことすらないという経験のなかで、死体捜索なんて
「親族のためにも見つけなきゃ!」と思う反面、「見たくない」と思ったはずだ。

途中、テロップで
「津波の映像が流れますが、ストレスを感じる方は、視聴を控えてください」
みたいな、文字がクレームリスク回避のために流れていた。

いわゆる、えげつない!と思われる、でも、事実な現実を
アーカイブで流さなくなっている。

原爆もそうだが、今もまだ苦しんでいることがいることを、ちゃんと伝えているのは
残念ながらNHKで、残念ながら、インターネットに頼るしかなくなっている。

「わが会社に非あり〜水俣病と向き合った医師の葛藤〜」(1) 




会社に不利になるようなことは言ってはならない。


って、言葉が、この動画にも出てくるが
いまもって、変わってない。東電。政府。


いやいや、会社も社会的責任を負っておるし
個も、社会的責任が、あるから、人間(人と人の間=社会)で生きておる。
んだろ、と、思いまする。


チビッコのころは、目を覆いたくなるような忘れてはならない
歴史の映像が流れていたのにな。
それでもって、世の中にある事実と、想定外な不幸が起きること
生きるということ、あらがえないこと、あらがえることもあること、と
学んでいたように、思うし、

また、マスメディアは、アホなクレーマーに、あらがわないといけない
社会的使命がある。


NHK東日本大震災プロジェクト(←リンク)




理想が、個の理想なのか
社会的な理想なのか、求めるもののビジョンに
どんだけの人がいるのか、未来があるのか
いまある自分を自己肯定せずに、
まず、基本におくと。。。。。

経済ってものが、もうちょいと、再構築できるかもしれんなー。
それは、もう「経済」のver.03ぐらいなんだろうけど。






たしかにあったのに、忘れたまま放置しているものがあり
もしも、それらがモノとして現れたら
山重なる事実の下で、窒息するだろう

すべても、かけらでも、先に知ることはできないから
見知らぬものを少しでも抱きかかえるように
過去を、知る

ねばつくもの、糸をひくものを、発酵したものを
きりはなさずに、ごはんのうえにのっけていただく
納豆のように
主体の友のように

わらっても、あおっても、ひきのばせない今のために
ひるがえせ、ねばりつき、喰え












カテゴリ:人間考察レイヴ | 00:31 | comments(0) | - | -
夜中に、ぼくは、きみに話かけたかった。創りたいことを、続けることしかないこと。

 

おしかはかったり
外面だったり
シールだったり、
誰が何したなんていう、どうでもいい言霊が
空に遊び。

遊ぶ。その、ひらひらとしたものが苦痛にもなる。
それ以上に、うらうらと、したたう、空中の色香は、なんたるもんだろう。

ひとつの哀しみを、力強く、消していく。
なんでもない。と。
なんでも、やっていったことも、なんでもなくなること。

創りたいことを、続けることしかないこと。



そのようなことで、いいのかな。まだ、わからない。
両親の生き様、50%も近づいてない。

世間は、いらない。

やりたいことを、どんだけ、恋人よりも愛することができるかだ。









そら、おもしろいおはなしやねん。
どこにでも、あっとるよ。
どつくんかいな。あるよ。

動物を沢山かていたオカンとお話した
そんなことは、ないらしいけど、
あっておる

地球儀を、親指と人刺し指で、開くときに、
日本語って、よく出来ているな、と、思う

やさしいひとたちは、開き、客観視し
主体にならず、傍聴して
かた一方、やさしいひとたちは、聞き、主体として
共同体依存を強固しめる

そこには、意識の不可思議は、ない

喉に吐瀉物つまらせて死ぬ人みたいな
吐瀉物て、スイートで、伊勢丹の一番上のところで
回遊性をもらしめるような、まずは上に寄せて、下にくるしかない
という、生理の心理を、お金にしていて

静かに、しずかに、なにもない







カテゴリ:人間考察レイヴ | 00:45 | comments(0) | - | -
ツタヤで視聴しながら踊る人、歌う人。「場」と「違和感」、「世間体」の濃度。

 
先日、夜チャリンコ☆チャリチャリしていたら、「ギャーー!!!ギャーー!!!」」という
連続叫び声がした。主は、軽自動車に乗った若人男子連中。
あのギャーギャー具合は、仲間でわいわい、薬でもキメているんだろう。
昔は、車道の中央線を爆走する女子、とか
猛スピードで逆走する車とか、見ることあったけど、最近は見ないので
治安もよくなってきているんだろう。

さて。さきほど、ツタヤに行ったら、CDの視聴コーナーにいた
40代と思われるおっちゃんが、ヘッドフォンをつけたままヘンテコモンキーダンスを踊っていた。
そのひとつ隣では30代と思われる女性が、歌詞カードを見ながら普通声で歌をうたっていた。
明らかに、違和感がある。
隣にいた若人男子は、彼らの違和感にキョロキョロしつつ、普通に視聴。
キョロキョロ普通男子と一瞬目があったときに「俺は違いますから」という声がしたような。笑

このとき、確かに、違和感がある、ちょい変わったひとだな、、、、と思いつつも
ここが、福岡だからか????
これが渋谷だったら違うかな。
これがNYだったら全然OKやろな。
と、「場」と「違和感」、「世間体」の濃度に思いをめぐらしたり



興味深い記事がある。

ベネッセ教育研究センターが3〜6歳の幼児の保護者を対象に実施した
「幼児の生活調査」がある。
そのなかの「子どもに将来どんな人になってほしいか。」の設問に対して、
「他人に迷惑かけない人」という答えが、
東京71.0%、ソウル24.7%、北京4.9%、上海4.6%、台北25.1%
であったという。

社会全体の安定を目指す「世の習い」にあって、「他人に迷惑をかけないこと」は重要である。
そこには、他人を殺さないこと、傷付けないこと、他人から盗まないこと、
他人を欺かないこと等々が含まれている。いわば、人間行動の規範の基本原則である。
多くの日本人は子供の時から、「人様の迷惑になることだけはするな。」と教えられて
育っている。
しかしながら、他の多くの民族のなかには、互いに迷惑をかけ合うことこそ
親しさの証拠であるとし、相手からの迷惑を受け止め得ることは、
実力を示すステータス・シンボルであるとする民族も見受けられる。。。。



確かに、「人様の迷惑になることするな!」教育、されたなー
陽気でルーズなイタリアとかは、そんな教育はされてないだろう。スペインとかも。

世界各国の人の気質がわかるたとえがある。

◎ ある船に火災が発生した。船長はすぐに乗客に海に逃げるよう指示した。

イギリス人には「紳士はこういうときに飛び込むものです」

ドイツ人には「規則では海に飛び込むことになっています」

イタリア人には「さっき美女が飛び込みました」

アメリカ人には「海に飛び込んだらヒーローになれますよ」

フランス人には「海に飛び込まないで下さい」

ロシア人には「最後のウオッカのビンが流されてしまいました今追えば間に合います」

中国人には「おいしそうな魚が泳いでましたよ」

北朝鮮人には「共和国に帰らなくて済みますよ」

ポリネシア人…は、黙ってても飛び込む。「海だ! ヒャッホーーーッ!」

日本人には「みんなもう飛び込みましたよ」

大阪人には「阪神が優勝しましたよ」

ふふふって、なるな。

おまけ。






カナダが一番ってのは、以外だったなー。








ひとりだけで、できるないようだ

もしも漆黒の宙空でひとつぽつねんと
ひとつの塊として生まれたとき
そのモノは、何色として写るのか

ツルカメ算と、オギノ式の違いは?
コンドームと手袋の違いは?
ジミヘンと地味変も
核心までつっこまないと、バラバラのコトバ遊びでおわる

夢のなかでも、化学調味料を口にいれた時のにがにがしさと
指の爪から虫たちがあふれていく
忘れた感覚をとりもどそうとする
なにかが、

ぼくを、起床させる




カテゴリ:人間考察レイヴ | 19:38 | comments(0) | - | -
懇ろ。ねんごろに、ごろりんちょ。

 
懇ろ。ねんごろ。
という、言葉に合うときに、10代のときに認識する懇ろ、
20代、30代って、懇ろの感受が違っているな!と、へへへー。面白い!と、思う自分自身。

10代のときの、懇ろ、って、その意味と同じく、
異性と親しくなるときに、使っていた。

20代になると、精神的に近しいひとに対して使わんとする言霊で
それはダチと同意で

30代になると、それは人が対象ではなくて
やるべき「こと」になる。
「もの」ではなくなっている。

懇ろな、ラブリーな、男、じゃなくて
ラブリーは創りたい事象が、ねんごろに、なってしまっている。

つまりは、性差をこえて、ひらぺったくなっていて、
人間だものー。になっている、、、うごご、大嫌いな相田みつを、みたいやんけ!ぐへ。

いや、それを、宮沢賢治レベルで!とか思うが、違うんだよね。

宮沢賢治の、ねんごろ感は、宙空(中空ではなくて)にある。
ダチと語るときに、言葉のどぶえで「ちゅうくう」という言葉を言うときに
それが「中空」なのか「宙空」なのか、は、きちんと、相手もメグも言う。
それは、とっても、感じることの翼の範囲が違うから。

どっちも、どっちで、わかる。
「ちゅうくう」ということばは、羽ばたきの言霊だけど
中なのか、宙なのか、その違いは、どうしようもない魂に刻まれていて
その後の環境や勉強や、感性や、知性や、暴れぐあいで
意味範囲の小さな刻みの、波打ちぎわの、そこはかとない、違いが、
それをもたらすもの、波を、リズムをもたらすものが、どこか、ってのを
瞬間、感じてしまう。


んでもって、メグは、宙空の、やつらと、なんやかんやありつつ
ダチに、失礼なことを、しちゃったことをしちゃった、けど
愛しているけど、イヤに成られることもありありだし
んでも、ひとを大切に思えるという、とっても、希有なことは、やっぱり
メグのなかでは、希有で、中空が友達とすれば
ダチは宙空で。

それを、理屈づけることをすれば、絵では、表せるけど
言語にすれば、陳腐になる。









からだに、触れないでおくれ
人差し指で、まなこをつぶる、ぼくの眉間に、
その人差し指を、置いておくれ

無言のままで、音楽は静かにはじまる
これから始まる音楽は、無のうちに、はじまる

わかりきっていて、もうしゃべる必要もない無言電話が安らぎで
電話にでてくださらないほうが
安らかだから、声よりも時でありたい

欲しいものは、身の外にはない
見知らぬ色彩は、きっと、国外圏外戦争中の、ひとりぼっち

異形の無垢のほうで
ぼくは、たたずむ














カテゴリ:人間考察レイヴ | 03:05 | comments(0) | - | -
木偶の坊の恋愛唄

 
残念ながら、ここ10余年、やりたいことをやっているが故に
社会性から、一歩、外にいているので
おもろいことをしたい企業の仕事しかこないので
仕事、お少ない。

たぶん、あと、3年ぐらいしたら、仕事くるかな。
なんせ、日本のマーケティングとか認識やら、心理学やら
合理でいくんやったら、いけ。。。じゃないもんね。


こんな感度で、仕事をするのが、普通だろう。




しっかし、こんな感度な仕事が、多いのは、違うし
金が欲しいが目的じゃないと、やらんやろ




時空間が、短いことも、不幸なのかもしれない
瞬間、トレンドで、瞬間、棄てられる

ひとつの人間がもつ、苦しみと哀しみと世の中に対する怒りを
ずるずると、鼻水をすするように、青鼻をすする、チビッコのように
赤いほうを、みようとする。

そこには、恐れることも、怯むことない。



ほんとうのところの、おまえのところを知って、そして、やっと、安堵しよう。
そして、二人して、挑もう。








空の色が何色か、もっと色をちょうだい
おなじちゃぶ台に座ってみて
ことばを無くして、目を伏せて、届かなくなって
話さなくて、つながることも、少なくて
少ないことが、きれいだと思うから

すくないことに、なんとか写すから

不具合なぼくらが、おたがい目をつぶることは少なすぎる%     だけど
ぼくらの斬新な不具合が、新たなる次を
つくる、きっかけになることを、望んでやまない



カテゴリ:人間考察レイヴ | 23:13 | comments(0) | - | -
都々逸と、遠くへきたもんだと、パピプペポ。な、幼児な世の中と。


「個人」って、「自分」って、この世に一人しかいない自分って。
いやはや、「我」とか「己」とかって。
連綿とつづく、「個」という、単純で、かつ、不可解なもんと、いつもおるわけです。


三千世界の鴉を殺し主と朝寝がしてみたい

もう、都々逸なんて、口からすべらせることもないから、
いまもって、都々逸。

上記、意味は、現代も同じような、生命清生なる、性の調べでもあり。


ああ、できることなら、あなたとゆっくり朝寝ができる身分になりたい。
それを邪魔する、この世のすべてのしがらみ(三千世界の鴉)を、
消してしまうことができればいいのに

なのだ。


思えば遠くへ来たもんだ −海援隊
の歌詞の世代違いと、欲望無理矢理マーケティングも含めて示唆したかったけど
長くなるので、はしょる。

ぽ。の音は、流行っていたりするわけで






リズムベースが、心音に近いってことで、
世相ぽいよ。うごげ。

大人に仕掛けられて、酔っぱているけど満足しとるの図。

それも、いいと、思う。
でも、仕掛ける側は、切実に、問答すべきだと、思う。
仕掛ける、という、未来的責任は
常に、わたしたち、仕掛け屋の、脳内の深さを求められるから。










切っては破れる、てん・てん・てん、の破線を誰が発明したのだろうか
軽々と、思うように
薬包紙は、てん・てん・てん、により数秒で内服される
体内に、はいるまでの、3・2・1 
ゼロ、他物融解

世の中の屁理屈を理屈だてていう大人は、言うだろう
「ぼくは、きみの宝石みたいな
よく響くココロを、キラキラ輝かせたいだけなんだ。
だれにも魅せない
黒い石、恥ずかしがり屋の石のうち、溶けては放つ
気の、空気のように
きみの内にある頼りないものも、確かなものも
未来に、捧げてしまおう!

そうこうして、欺瞞と、金銭と、資本主義は
勉学ままならない、少年少女に消費されては
「ポ」という
○、を、つければ、安寧する心理作戦に、どっぷりと













「でも、われわれは、自分たちが思っている以上に
断絶の話をどう伝えるべきなのか。」

守ろうとする人は、
宙空の、麗しさを、知ってない。
ってか、わすているから

カテゴリ:人間考察レイヴ | 23:51 | comments(0) | - | -
| 1/25PAGES | >>