<< 五年ぶりの日本の冬 | main | 12月の東京公演@ナジャのアミーゴ公演 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
出力と入力のバランス

 

「新書アフリカ史」(講談社現代新書・宮本正興+松田素ニ)を読んでおります。

おもしろい!

アフリカ史は欧州とアラブの文献からしか探れないので

ほんとうのところはどうだったのだろう。。。と思うのだが

奴隷文化がそもそもアフリカにあっただとか

それぞれの地域の気候変化やアフリカ由来作物の状況など

想像力がかきたてらます。

1ヶ月ぐらい本だけ読んですごしたいと思いつつ。。。なかなか。

 

日本の寒さと、モザンビークの暑さ。。。。

真ん中の季節の国で過ごしたい。

もしくは1週間ぐらい夜でもええな。

読書に最適な静けさ。

 

入力する時間をとらねば!

 

 

 

 

カテゴリ:- | 02:46 | comments(1) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 02:46 | - | - | -
コメント
おもろそうな。
ヨーロッパ史や中国史は良く記録残ってるけど
アフリカやアメリカ史は記録が残ってないし
試験にも出ない
どこの歴史も大事なのだけどね
読んでみるよ〜
| カヲル | 2016/11/17 12:25 AM |
コメントする